FC2ブログ
早漏という悩みを抱えつつも出会い系に挑む画像付き体験記、早漏対策、早漏話、早漏グッズ、早漏男が使ってる優良サイトをご紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
淋病とは

淋病(痳病)とは、淋菌の感染により発症する尿道の炎症のなどを言います。淋菌は高温、低温の共に弱くヒトの体外に出ると長くは生存できません。従って、間接感染はなく直接的な性交渉による感染しかありません。男性の場合は尿道、女性の場合は子宮頸管、卵管などに感染しやすいです。

感染の可能性

性行為により、男性の尿道に感染している淋菌が女性の女性子宮頸管へ、またその逆の感染の可能性もあります。オーラルセックスにより、咽頭への感染、またアナルセックスによる直腸炎の可能性もあります。潜伏期間は2~7日間で、およそ1週間以内に排尿痛や膿が出たりします。女性の場合は膣炎を発症します。

感染から発症まで

先にも述べたように、発症後の初期症状である排尿痛や、クリーム色または黄緑色の膿状のものが尿と共に排泄された場合は淋病の可能性が高いです。排尿痛と膿が併発するようですと淋病に感染していると考えて間違いないでしょう。診察を受けるのが恥ずかしいと言って無理に我慢していると、炎症が慢性化し、尿道が狭くなることによりより一層排尿が困難になってきます。咽頭に感染した場合は、自覚症状がほとんどなく発覚せずに感染を拡大させる恐れがあります。淋病感染者の10%程度が咽頭感染ですが、そのほとんどが女性です。直腸への感染の場合も自覚症状がほとんど見られず、感染者のほとんどが女性です。これは、女性の外性器構造が男性と異なることに起因しています。

淋病の治療法

淋病治療の中で最も効果的なのは、梅毒と同様にペニシリン系の抗生物質です。細菌では、ペニシリン耐性を持った淋菌も出現してきていますが、ペニシリンが一番有効であることに違いはないようです。ペニシリン耐性の淋菌や、ペニシリンにアレルギー反応を起こす人には、セフェム系抗生物質やアミノグリコシド系抗生物質などが使用されます。一般的に男性よりも女性の方が治癒しづらく、パートナー(彼氏や旦那)が完治したからと言って女性が治療をやめると再発の可能性が多分にありますので注意が必要です。また、完全な予防法は性交渉を行わないことなのですが、これはあまり現実的ではありません。従って、特定パートナーとの性交渉に限定することや、コンドームの正しい使用などが予防法として挙げられます。

淋病の検査方法

専門医による診察はもちろんですが、それに抵抗がある人は検査キットが販売されていますので、それを用いてセルフチェックを行うことも可能です。
ランキングへ参加しています。クリック投票してくれたら嬉しいです

その他の性病知識

エイズとは
疥癬(かいせん)とは
クラミジアとは
カンジダとは
毛じらみとは
梅毒とは
ヘルペス(性器ヘルペス)とは
コンジローム(コンジローマ)とは
淋病とは
外陰炎とは
トリコモナスとは
B型肝炎とは
C型肝炎とは
膀胱炎とは

がんばれ、早漏男の出会い道のTOPに戻る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mako1971.blog41.fc2.com/tb.php/147-9edddfff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。