FC2ブログ
早漏という悩みを抱えつつも出会い系に挑む画像付き体験記、早漏対策、早漏話、早漏グッズ、早漏男が使ってる優良サイトをご紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外陰炎とは

外陰炎とは、外陰部に痒み、腫れ、痛みなどの症状が出ることで、膣炎と合併して発症することが多いのが特徴です。膣炎との関連が深いですので膣炎についても簡単に触れておきます。膣炎とは、性器の痒み、おりものの増加、性交痛、出血、腫れなどの症状が出ることで、カンジダ、大腸菌、ブドウ球菌、淋菌、トリコモナスなどに感染することで発症します。タンポンなどの整理用品や避妊具の出し忘れが原因で膣炎が発症する場合もあります。

感染の可能性

先にも述べたように、外陰炎は膣炎と併せて発症することが多いですので、膣炎の原因が外陰炎の原因と考えても差し支えないでしょう。従って、カンジダ、大腸菌、ブドウ球菌、淋菌、トリコモナスなどの感染、または生理用品や避妊具の出し忘れ等が主な原因と考えられます。不衛生な状態が続くと菌の繁殖を促す結果になり、外陰炎や膣炎発症の原因となります。

感染から発症まで

外陰炎が発症すると外陰部に痒み、腫れ、痛みなどの症状が出ます。ひりひりとした痛みや、外陰部に熱っぽさを覚えます。特に歩くときなど外陰部がこすれ合うときに感じ、排尿時にはさらに強い痛みを感じることがあります。ひどい場合は膿が出てくることもあります。外陰炎が慢性化してくると、外陰部の皮膚がぶ厚くなってしまったり、常に湿り気が強くていつまでも痒みが止まらなくなってしまいますので、慢性化しないためにも不衛生な状態を作らないことが大切です。

外陰炎の治療法

抗菌剤の内服、塗布による治療が一般的です。炎症がひどくなり膿が溜まっている場合は、患部を切開して膿を出すこともあります。外陰炎も性感染症の一つですから、パートナーの検査、治療も考えなければなりません。

外陰炎の検査方法

外陰部の腫れや、おりものの量や質を見ることで検査します。細菌の感染により発症した可能性がある場合は、外陰部またはその周辺の菌を顕微鏡で観察したり、培養することにより原因を突き止めます。検査キットも販売されていますので、医師による診断に抵抗がある人は検査キットによる検査も考えてみてください。
ランキングへ参加しています。クリック投票してくれたら嬉しいです

その他の性病知識

エイズとは
疥癬(かいせん)とは
クラミジアとは
カンジダとは
毛じらみとは
梅毒とは
ヘルペス(性器ヘルペス)とは
コンジローム(コンジローマ)とは
淋病とは
外陰炎とは
トリコモナスとは
B型肝炎とは
C型肝炎とは
膀胱炎とは

がんばれ、早漏男の出会い道のTOPに戻る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mako1971.blog41.fc2.com/tb.php/148-286ede45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。