FC2ブログ
早漏という悩みを抱えつつも出会い系に挑む画像付き体験記、早漏対策、早漏話、早漏グッズ、早漏男が使ってる優良サイトをご紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セックスを人に見られたり、ましてマスターベーションの現場 を見られる。

過去の性体験や自分の体、特に性器の特徴を人に知られるなど。
人間はとにかく性に関する事柄を恥ずかしく思うし、秘密にしておきたいという心を持っている。

当然の事だし当り前である。

ホントに??

じゃ質問しよう。
「なんで?」どうして恥ずかしいの?

 親の教育? 
じゃ、そもそもその親はどうしてそうなったの?

 おじいちゃん? 
じゃ、爺ちゃん婆ちゃんはどうして?・・・・ 永遠に終らんなー・・・・。

ちょっと見方を変えてみよう。
またまた登場の霊長類と比べて考えてみる。
まず、そんなおかしな心は他の霊長類は持っていない!

彼/彼女らはセックスもマスターベーションも隠さない。
現場を見られようが性器を見られようが平気である。

「当然じゃん。動物なんだから。」 と聞こえてきそうだけど、

これは彼らが一般に言うところの「下等」だからではないんじゃ ないだろうか。

彼らは良くも悪くも、そんな心など必要ないのである。
でも・・・どうして??

それに応えるのに、ちょっと話題がそれるけど・・・・
霊長類学者の間で、
「そもそも原始の人間は一夫一妻制か一夫多妻制だったのか?」
という議論が続いているらしい。

あるものは“未開”部族の例をだして、乱婚性だったといい、
また別の学者はまえにもこのコーナーでお伝えしたように、
オスとメスの性差をとりあげて一夫多妻制だったという。
もちろん主流派の部族(現代人=我々)の例を取上げて
一夫一婦制だという学者もいる。

でも、一番正しそうに思える(おもしろい!)のは、混合型論。
つまり一夫一婦制であり乱婚制であり、一夫多妻制であるってやつ。
その理由は、人間の婚姻関係には常に表と裏があるということ。

人間は表向きにはある婚姻関係をとりながら実は裏で、
人妻が昔の恋人と、亭主が会社のOLと(具体的すぎ!)
というように複雑に交じり合っている。

しかし、チンパンジーの乱婚社会にしろ、ゴリラのハーレム(一夫多妻)に しろ、テナガザルの一夫一妻制にしろ、「浮気」という観念はいろんな意味で存在しない。

で、「なんで恥ずかしいの?」の話にもどると、
人間の性に関する羞恥心には、この繁殖の多様性(浮気その他もろもろ) というものが絡んでいるんじゃないんだろうか?と推測できる。

繁殖戦略と言うと大袈裟だけど(そんな物普通の個体生活じゃ考えない!)

性のテクニックや、男が女を、女が男を騙し、 あざむこうという術策。
それら諸々の情報が多様で、しかも各個人に固有で、
それらのものを隠そうとする意図が含まれているのではないか。

マスターベーションを罪と感じつつも、こっそり行うのは、
実は、 それを他人から隠蔽するためなのである。
(繁殖戦略の保護!)

自分の情報が他人に知られてしまっては、繁殖をすすめていくうえで大いに不利である。
(競合にネタがばれちゃいかんでしょ!)
それは相手が男であっても女であっても同じこと。

人間はそれらが多様であり、各人が固有の繁殖戦略や繁殖計画を
持っているからこそ、それを隠そうとするのである。

そういえば昼に活動する人間が夜にセックスするというのも不思議な話だ。

思えばそれは、この「隠す」という効果を狙ってのことかもしれない。
だいたい昼行性でありながら夜にセックスするサルは、人間をおいて他にはいない。

ま、これらも勿論遺伝子レベルの話であって、実際に我々が、
「繁殖戦略を秘密にしなくちゃ!」と考えて行動しているわけじゃないけど。

でも、これが性に関する人間の「恥ずかしい!」という気持ちの正体として一番、理にかなっていると思えるんだけど。 (ただ面白がっているだけか!?)


しかし、これだと理由は結局、男と女の騙しあいかい!??
うーん。人間のサガはせつないなー。

Gスポット
セクシャリティー
オーガズムって?
アローザル
セックスとIQ
なんでセックス?
ペニスは三位一体?
クリトリスからオシッコ!
マスターベーション(女性編)
マスターベーション(男性編)
恥ずかしさの秘密
精子量が比例するのは?
愛液の秘密
勝負下着
AV vs レディコミ


がんばれ、早漏男の出会い道のTOPに戻る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mako1971.blog41.fc2.com/tb.php/187-fb8a2072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。