FC2ブログ
早漏という悩みを抱えつつも出会い系に挑む画像付き体験記、早漏対策、早漏話、早漏グッズ、早漏男が使ってる優良サイトをご紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よく登場するイギリスの生物学者ベイリー&ベリスの実験の中に
マスターベーション時の精子量とセックス時(挿入有り)
の精子量を比べたものがあります。

マスターベーションの話は別のページに譲るとして、今回はセックスの時の精子量の変化について、すっごく興味深い結果/特徴があるので、それに注目してみましょ!

◎精子の数

(マスターベーション編)
マスターベーション時の精子の数は、たった一つの要因によってきまる。

前の射精からの 経過時間のみによって変わるみたいです。
単純に時間と共に精子が溜まってくるってこと。 男性は実感有ると思うけど精子を作ってる時間が長ければ長いだけ 量も溜まって
そりゃ出すときには多いのはあたりまえ。

(セックス編)

セックスの場合、放出される精子の数はそのたびごとに驚くほど変化する。

いったい何が要因でこんなに精子の数が違うのか?
と実験を続け(実際に多くのモニターカップルに協力してもらい)
データを集めてみると精子数を決めている最も重要な条件は、
以下の3つあることが解かった。

1.前のセックスからの経過時間
2.その間、パートナーとどれくらいよく一緒に過ごしたか
3.パートナーの体重

1番はマスターベーションの時と同じ理屈。
3番はパートナーの体重が多いなら、それだけ繁殖力も高いだろうとの推測から。
(これはあくまで「あなた」ではなくて「あなたの遺伝子」の推測)

それより何より、今回のポイントは2番の
  「その間、パートナーとどれくらい一緒に過ごしたか」
これが今回のお話のメインテーマ!  

(注)その間 = 同一パートナーとの一度のセックスから次のセックスまでの間

「パートナーと一緒にいたかどうかによって精子の数が変わる?」
「なにそれ?」
「なんでそんな事が関係あんの?」 と、気持ちはよくわかります。
そこでちょっと質問します。

この際、倫理とか信頼とかの観念をすべて捨てて(おいおい)、
可能性だけで考える事にしましょう。

あなたがあなたのパートナー(既婚、未婚は関係なく)と離れている時間で、あなたのパートナーが他の男とセックスしている可能性はありますか?

「ない!」

と強く否定できた方、おめでとうございます。
きっと、貴方達はすばらしいカップルなんでしょう。(本当に!)

しかし、あなた(男性)の遺伝子はそうは考えていないようです。

あなたの遺伝子は、パートナーと一緒に居なかった時間  =(他の男からガードしていなかった時間)は、 パートナーが何をしていたか分からない! と考えているんです。
(本当は遺伝子は考えないけど、このほうが説明しやすいので。)

結果、あなたの遺伝子は何をするか?
パートナーと一緒に居なかった時間(ガードしていなかった時間)が
長ければ長いほど大量の精子を出せとあなたの体に命令する。
なに????

あなたが知らない間に、パートナーが他の男とセックスしたと 仮定した場合、これから何が出来るでしょう?

大喧嘩? しいては、破局? 
(じゃ無くて)

遺伝子は我々みたいに感情に支配されていないから、
唯一の有効な方法をとる訳です。
それも彼らにとっても唯一の目標「繁殖」の為に。

それは、  もしかしたら未だパートナーの体に残っているライバル男の精子に勝って、たった一個の卵子を獲得する為に、もうこうなったら質より量で勝負と思いっきり大量の精子を パートナーの体に送り込むようにするわけ。

ライバルが100万の精子が残っているとしたら、
こっちは1000万の精子を 送り込んで確率で勝負です!
(数うちゃ当たるの世界か?!・・・・案外安直な・・。)

こんな理由で「パートナーと離れていた時間」に(粗)比例して、
セックス時の射精では精子の数は増えるらしいですよ。

「そういえば、そんな経験があるような、ないような・・・・」
でも、これって結構学会でも認められている仮説らしいですよ。

これぞまさに遺伝子の生存競争!
最近よくいわれるけど、遺伝子って本人の都合(意思?)を
思いっきり無視してわがままな奴なんですよ。 
(自己中こそ遺伝子のモットー?)

Gスポット
セクシャリティー
オーガズムって?
アローザル
セックスとIQ
なんでセックス?
ペニスは三位一体?
クリトリスからオシッコ!
マスターベーション(女性編)
マスターベーション(男性編)
恥ずかしさの秘密
精子量が比例するのは?
愛液の秘密
勝負下着
AV vs レディコミ


がんばれ、早漏男の出会い道のTOPに戻る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mako1971.blog41.fc2.com/tb.php/188-7e7a4b03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。